健康食品OEMの剤型について

健康食品や化粧のOEMを行う企業は増えていますが、どの健康食品OEMを選べばよいか悩むユーザーも多いでしょう。そんな時には、規模や機能がどれほどのものなのかをチェックするとともに、OEM製造だけでなく、マーケティングや企画提案、物流ロジスティック、オリジナル原料の研究開発などもトータルで行ってくれる企業は有益でしょう。サプリメントは健康食品として位置付けられますが、その剤型には様々なものがあります。まずは一般的な錠剤です。粉末や顆粒を圧縮成型したものであり、錠剤の表面をコーティングすれば、匂いがきついものでも飲みやすくなるでしょう。顆粒は造粒することで、容器やスティックなどに入れやすくなり、溶けやすくなるものもあります。カプセルには、ソフトタイプとハードタイプがあり、ソフトタイプはゼラチン皮膜に粉末やエキスなどを充填したものになります。ハードカプセルは、カプセルに粉末を充填しています。その他、飲料タイプやゼリータイプなど様々な形状を製造することが可能です。